電子書籍出版について

電子書籍に限らず、書籍の重要な、基本的使命が読者のさまざまな、健全な知的欲望・渇望に対応していくことであり、それが外ならず著者、作者の今一つの希望でもあります。

あなたの絵本や写真集をタブレットで!

タブレット端末電子書籍出版は、紙の本と比較して、印刷製本費や書店流通管理費などが不要なため、より低コストでの出版が可能です。弊社でご出版いただいた書籍はもとより、他社で出版された書籍も格安で電子書籍化しています。そしてその完成した電子書籍は、弊社のウェブサイトをはじめ、社団法人 日本電子書籍館に掲載して「立ち読み」でその内容の一部をご覧いただけるほか、アマゾンKindleなどでの販売も可能です。また、編集済みの電子書籍データを、オンデマンド印刷 (注文を受けてから1冊ずつ制作する書籍)などで、紙の書籍として制作・販売もしています。お気軽にご相談ください。

アマゾンKindleの場合、売リ上げのあった本には、 著作権使用料として定価の35%(詳細は契約書による)がアマゾンから著者に支払われます。

陳列された書籍過去に出版した紙の本の在庫がなくなり、絶版状態にある書籍も、こうした電子書籍として出版するとともに、オンデマンド本などとしての出版、販売ができます。ただし電子書籍の出版にあたっては、著作権者などと「著作物利用許諾」や「出版、販売委託契約」などを締結してからの制作となります。