◆出版原稿募集中◆懸賞付き◆最優秀賞「海外旅行+無料出版」◆

教育とは

研究所が考え推薦する良書

教育とは英語でeducation、フランス語でéducationといいます。が、これはラテン語のeducatio(引き出す)に起源をもっています。この基本的な理解・認識を前提に、「こどもの教育」を考えたとき重要なのが、こどもの何を、どのように引き出すのか、そしてその手段として何を用いるかといったことなどがよくいわれます。それは他ならず、こどもを「健全なこころとからだをもった、人格をもった存在」としての把握にたって、そのうちに秘められた可能性を意図的・生産的に引き出すということになるからです。そのためには「こどもたちの主体性を信じ、あたたかい愛情につつまれた生活環境が大切」で、まさに書籍はその手段として最適の環境といっても過言ではありません。
当研究所はそうした基本的な理解・認識にたって設立されたもので、推薦する書籍はこうした視点に立って選択しております。

The word education in English, éducation in French, comes from the Latin word educatio (to draw out). It is often said that what is important when considering the education of children is “what to draw out and how and what to use as a means to achieve this etc”. In other words, it is important to believe that “children are all of sound body, mind and have their own individual character” and based on this belief, to consciously and productively draw out their inner potential. In order to achieve this, it is important that children be provided with a warm, loving environment that respects their independence and it is no exaggeration to say that books provide an optimum means to achieve such an environment.
The Research Institute for Better Books for Children was founded based on this fundamental understanding and awareness and all the books, not only those published by us, but all the books recommended by the institute, have been selected and recommended based on this ideal.

たんぽぽイラスト

INFORMATION

2015-05-17
こども良書研究所WEBサイトオープン
ページのトップへ戻る